Accipe quam primum

「この世の出来事は全部運命と意志の相互作用で生まれるんだって、知ってる?」

寛容がほしい

27年一度も人と接触せず、ある森の「隠者」の真相

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/041100075/

 

その隠者の生まれ育った家庭は、

「低中産階級で、あまり裕福ではありませんでしたが、夜にはシェークスピアや詩を読むような家庭でした。自動車や配管の修繕も自分たちでこなしました(…)電気代を1セントも払わずに野菜を育てることができたそうです」!

 

なんとすばらしい。

 

頼むまずこういうことを義務教育で教えるべきだ。こういうことが体得できれば、自分の生活を自分で形作ることが今よりもずっとやりやすくなるはずだ。これこそが知性の始まりだと思う。そうすれば人間同士の無益な関わりが減って、争いも無用な産業も今よりは落ち着くだろう。例えばメーカーの倫理感覚も変わるだろう。何も考えずに働き続けることがやめられるだろう。過労死する人も減るだろう。

 

ただソローの森の生活では母親が洗濯してたとは知らなんだ、ファッションだったのかよ。まあいいです、私はソローの森の生活がしたいとか森の人(ナウシカに出てくる)になりたいとかよく思うのです。

 

「ナイトが社会を離れたのは、この世界に居場所がなかったからです。ナイトは非常に聡明でありながら、社会に適応できなかった人物です。彼に少しの土地と食料を与えて、静かに暮らせるようにしてあげることはできないだろうかと言う人もいます。」

 

ぜひそれが可能な社会にしよう。

すぐにでも可能なはずだ。

もっと寛容を。

 

「私はときどき、例えば車を運転していて、後部座席では3人の子供が喧嘩をし、約束の時間には遅れそうで、渋滞は動かず、ラジオが嫌なニュースをがなりたてているようなときに、こんな強烈な思いにかられます。おかしいのはナイトではなく、私たちの方なのではないかと。なぜナイトが社会を離れたのかではなく、なぜ我々はそうしないのかと問うべきなのかもしれません。」

 

私は万人がそう問うべきだと強く思う。ナイト家のように生活できるようになりたい。関係を持ちたくない、巻き込まれたくない、ただ距離を置きたいものがある。もっと棲み分けられるはずじゃないですか。

 

まぁ完全に一人で生きるのは難しいかなぁ…。

だいぶ孤独に生きてきたけど。

もっと多様性に富んだ社会だったらば、私もこんなに追い込まれなくて良かったのにと思う。全然多くのことを望んでない。