Accipe quam primum

「この世の出来事は全部運命と意志の相互作用で生まれるんだって、知ってる?」

東京の歌

個人的東京ソングベスト3

 

第3位  The Books「Tokyo」

サンプリングされてる音声から行くと現代の東京ではなくて小津映画みたいな東京をイメージする。

 

第2位  eastern youth「東京west」

単に東京の西の方に住んでいたということがひとつ。寒い帰り道とかに「真夏は真冬のようにも見えるんだ オオオーオーオー」などと口ずさみたくなる。東京の真夏が真冬のように見えたことはないけれども

 

第1位  kimonos 「Tokyo Lights」

ぶっちぎり心の第1位東京ソング。ときどき涙ぐんじゃうくらいである。

なにしろ歌詞が私の東京のイメージにばっちりなのである。

Tokyo lights deceive me

とか。まぁ単にギターがニューオーダーっぽくて好きな感じだとか向井とLEO今井のもはや東京というより「ツォーキョー」というチバユウスケばりの発音が楽しいってのもある。

トーキョーーーーーライツ!!!!!と声を上げたくなることがときどきあるが、なぜかカラオケに入ってないので困る。もどかしい。

モノズと言ったらトーキョーライツである。

向井秀徳過ぎないのが好きなんです。ちょうどいい向井秀徳具合。LEO今井の東京電燈の2じゃない方は聴いたことがないんだけど、ほとんど同じなのか、どうなんだろう。「僕には関係無いんです」「電気回線に水を注ぐ 無我夢中で逃げる」とかは向井っぽいと思うんだけどなあ。

 

まあジュリーのTOKIOも好きだけど、もう時代が世知辛すぎて心が離れる。くるりの東京はメッセージつーかストーリーつーかが明らかすぎて私が聞かんでもいいなと思う。まあ東京は夜の七時、なんかを挙げられる心の状態が欲しいところだけど。たぶんTOKIOや東京は夜の七時は東京の中の人の歌なんだよね。私は東京の人間ではないので、何かアンビバレンスを歌ってもらっているほうが安心するんだよね。

 

潮時も轟々迫ってる